ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

40、カットフルーツ用の梨 (平成29年8月7日)

 都市生活者のライフスタイルは、家庭での食生活に年々変化が起き、調理に手間がかからず、ごみが出ないカット野菜やカットフルーツを利用するため、その市場が大きく伸びているらしい。 
 高知で自社の畑で栽培している青ネギは、根元を畑に残し、カットして年4回ほど同じ畑で栽培しているが、主な出荷先は大手のカット野菜工場です。
 更に、高知県の農産物や果物を首都圏に出荷しているが、この2年ほど前から、取引先が高知の果物をカットフルーツの食材として取り入れて下さり、カット用の果物も新たに出荷が伸びてきている。 特に、高知特産の文旦は首都圏でも評判が高く、グレープフルーツの市場に一部食い込んできているようだ。 今年になってから、新たに、ポンカンや小夏の扱いも徐々に伸びてきている。 また、今まで考えられなかった、カット用のメロンが今年から出荷が始まっている。
 従来、輸入のパイナップルやグレープフルーツ等が主力のカットフルーツとして使われていたものが、徐々に国産の果物に切り替える傾向のようです。 カットフルーツ用の果物としての栽培に関しては、カットした時に身が崩れにくい品種を選ぶことや、コスト的にカット工場での手間や経費を考えると、果物の外見にはこだわらない栽培方法で栽培コストを削減する必要もあるわけです。 今年から始まった、カット用のメロンも栽培者からすれば、従来の栽培方法よりも手間がかからないので、経費も削減できるとのこと。
 
 更に、高知県には梨も秋には新高梨等が出回るので検討してくださいと伝えていたところ、早速連絡があり検討するとのことなので、梨に関して調査してみた。
 梨はバラ科ナシ属の木になる果実で、中国が原産とされ、日本には弥生時代に入ってきたとされていて、現在では様々な品種改良が行われ、その種類も数多くあり、沖縄を除き、日本全国で栽培されている。 大きく分類すると、和梨、中国梨、洋ナシの3種類があり、国内で生産されている和梨に対し、中国梨はあまり普及せず、一部地方だけで生産されている。 和梨は果皮の色で大きく2つのタイプに分類され、高知で栽培されている幸水や新高梨に代表される皮の色が黄褐色の“赤梨”系と、二十世紀梨や菊水に代表される色が“淡黄緑色”の“青梨”系です。
 早速、生産者を探すべく、大手筋の日曜市に出かけました。 8月の上旬に梨が出ているかなと探したところ、果物を主に販売している店舗に、早生の幸水を発見しました。 その後、見分けがつきにくいのですが、多摩という品種のものも販売されていました。 値段は結構高く、一個につき250円程でした。 色々と梨に関して情報を仕入れていると、高知での梨の主力産地が高知市内の西北にあたる、針木地区であることが解り、早速出向いてみました。 道路わきに梨の販売小屋が何件かある場所で、看板に書いてある電話番号にかけると小屋の後ろの高台から生産者が下りてきてくれました。 事情を話すと、関心を持っていただき、一か月後に新高梨の出荷が始まる時期に、再度訪問し商談することにしました。 新たな取引が開始され、バイヤーと生産者がともに喜んでもらえたらと考えています。

2019年08月07日

58、南国土佐まつりin東京   (平成30年5月15日)

 今回は、6月16日(土)夕刻に早稲田のキャンパスに隣接するリーガロイヤルホテル東京で開催される「南国土佐まつりin東京」の御案内です。
 4月より、早稲田大学オープンカレッジ(東京)にて「幕末維新土佐学講座」と題する連続講座が開催されています。 この講座は幕末から明治にかけて土佐から輩出した人材にスポットをあて、計10回の講座を行うもので、講師の方々は県内の博物館や資料館などで活躍されている方々が務められています。 早稲田大学からも注目度の高い講座として大きな関心がもたれています。
 現在、高知県では大型観光プロジェクト「志国高知・幕末維新博」の第2弾がスタートし、高知の街は、週末ともなるとたくさんの観光客でにぎわっています。 また、坂本龍馬の殿堂「坂本龍馬記念館」も、新資料を加えて4月21日から新館がオープンしました。 なつかしい土佐弁を聞きながら、 食べて、飲んで、楽しんで、そんな一夜になれば幸いです。 高知の魅力がふんだんに盛り込まれた懇親会にご参加ください。
 また、当日、会場では、一度東京に出ていったシニア世代が再び高知のふるさと回帰につながるきっかけ作りとして、各自体が会場内のブースで高知への観光、移住・定住の実際を紹介していきます。 それに伴い、現在、シニアの新しい暮らしのかたちとして注目を集めているCCRCと呼ばれるシニアの移住プランも紹介していきます。
 150年以上前、坂本龍馬や中岡慎太郎、ジョン万次郎、岩崎彌太郎、板垣退助、後藤象二郎など優秀な若者を輩出した高知県ですが、平成の時代になった今も、高知の若者は東京に活路を求めて出ていっています。 若者からシニアの方々、現代の龍馬、慎太郎として活躍している方々、おいしい食べ物と自然がいっぱいのふるさと高知をこの機会に味わってください。 また、直接に高知にゆかりがない方々も、この機会にご参加いただければ、南国土佐の空気を感じていただくことができます。 高知からも大勢参加して皆様との交流の機会になればと準備しています。
 移住・定住の相談や高知への観光の御案内もさせていただき、高知を身近に感じていただくことがこの会を開催する趣旨でもあります。 当日は、ホテルの料理以外に、高知から新鮮なカツヲ、龍馬や慎太郎が好んだ軍鶏、土佐のおいしい赤牛、首都圏では珍しい山菜、イタドリ、この時期に美味(おい)しい、小夏等々、数多くの食材を持ち込ませていただきます。さらには、夏の名物、よさこい踊り等も披露されます。
 主催者であります、一般社団法人高知サマサマCCRCセンターは、シニアの高知県への移住・定住の促進を目的にしていますが、移住後の地元住民を含めた交流の促進とシニアの方々のノウハウや経験を生かした活動を積極的に進めていきたいと取り組んでいます。今回のイベントもこれらの取組の一つで開催されるものです。
多くの皆様との楽しいひと時と触れ合いの場所になるよう、心を尽くして準備をしています。 皆様のご参加をお待ちします。 お問い合わせ・お申し込みは下記へお願いいたします。
                   
主催  一般社団法人高知サマサマCCRCセンター(南国土佐まつりin東京実行委員会)
連絡先   088-802-6616 FAX 088-883-0121
メール   info@kochi-ccrc.com


2018年05月15日

57、森の小学校   (平成30年5月9日)

 高知県は森林地域が全体の84%を占め、更に弓を張り詰めたような形状で、太平洋に面している。 一部の地域では、地震や津波の心配もあるが、逃げ込める森や山がある。 さらに、日本列島の中では温暖な気候で、豊かな環境に恵まれている。 愛媛との間には、西日本で一番高い石鎚山がそびえ、四国山脈と太平洋に挟まれた独特の自然環境に恵まれていると言える。 農業・林業・水産業と一次産業にはもってこいの地域である。 一次産業に恵まれていて、良かれ悪かれ、多くの産物が少量多品種で、地産・地消になりがちである。
 一次産業以外に、働く場が少ないのか、この半世紀の間、多くの地元の若者が仕事を求めて、関東・関西へ移り住んでいく。 現在もこの傾向は変わっていない。 全国でも、少子高齢化の先進県であると県知事も話されていて、それ故全国に先駆けて、その環境を生かして新たな施策を推進して、課題を解決していこうと思いめぐらす昨今である。
 
 高知で幾つかの医療法人の理事長をされているU先生は、私ども一般社団法人高知サマサマCCRCセンターのシニアの皆様が頼りにしている方です。 U先生が近年取り組まれているのは、ゼロ歳児から5歳までの認定こども園「めだか園・もみのき幼稚園」、ゼロ歳児から2歳までの事業所内保育施設「すこやか園」がある。 更に来年(平成31年)4月に開校する森の小学校「とさ自由学校」がある。 これらは学校法人日吉学園として運営されている。 この日吉学園の教育理念は「心を育む出会いこそ人生の礎です。 いのちとは何か、人として何が大切か、心で理解することが大切です。 その為には感性をそだてることです。 子どもの人間性を育み,いきいきと輝かせることです。自然の美しい豊かな中で、のびのびとまっすぐに育つ子どもたち、自らが学び、考え、行動し、そこに楽しさを見つけ出す子どもたち、一番大切なことは、様々なよきものに出会い豊かな感性を育むことなのです。 教育において早すぎるということはありません。」とあります。
 まさに、高知の特性をいかし、他の地域に無いものを生み出していく、素晴らしい取り組みといえるのではないでしょうか。
 先日、首都圏で、さまざまな活動をしながら、子育てを考え、この森の小学校に来年入学を考えているお母親のKさんにお会いする機会がありました。 お聞きするところでは、ヨガの教室や衣服の輸入販売等をてがけていて、多くのお母さま方とのコミュニケーションも多くあり、子育てに関して森の小学校の考え方に賛同する方々とご一緒に、この夏のサマーキャンプに来られる計画を立てられています。 私も何かお手伝いができないかと考え、早速、U先生に、高知滞在中の宿泊施設について相談したり、学校の予定地である「いの町」の役場を訪問して、移住の環境や施策に関してご相談し、Kさんに連絡したり、情報提供したりしています。 首都圏には無くなってきている自然環境と、本来の子供の成長に必要な要件はむしろ地方で解決できるし、首都圏のお母さま方が、真に子育ての環境を求めていることを実感しています。

2018年05月09日

56、幕末明治土佐学講座  (平成30年4月23日)

 この度、一般社団法人高知サマサマCCRCセンターは「早稲田大学エクステンションセンター」が開催する春の公開講座に「幕末明治土佐学講座」を4月7日より全10回開催します。 毎週土曜日13時より1時間半の講座は、今から150年ほど前、土佐藩だった高知県から坂本龍馬をはじめ中岡慎太郎、中浜万次郎、岩崎彌太郎、板垣退助など今も語り継がれる多くの偉人が世にでました。
 10回の講座のタイトルを紹介すると、①土佐藩幕末改革の指導者吉田東洋 ②山内容堂の生涯・容堂書翰を読む ③「武市瑞山」 ④大政奉還を「象(かたど)」った男後藤象二郎 ⑤岩崎彌太郎とゆかりの人たち ⑥坂本龍馬成功の秘訣と新国家構想 ⑦「時勢論」に込めた中岡慎太郎の新国家構想について ⑧板垣退助と「自由」 ⑨“最後の生き証人”田中光顕(みつあき)の想い ⑩土佐が生んだ日本初のグローバル人材中浜万次郎。
 今回は10回目が終了する、6月16日(土曜日)に高知の食材、地酒をふんだんに持ち込み、大懇親会「南国土佐まつりIN 東京」を「リーガロイヤルホテル東京」にて開催しますのでご参加を予定頂ければ幸いです。
 先日、4月7日の第一回の講座開講時に、ご挨拶をさせていただきました。 早稲田大学本校,政経学部の教室は180名の受講生で溢れるばかりでした。 やはり、シニアの方が大半でしたが、多くの女性の方や、若い方もお見受けしました。
 講師の藤田雅子(高知県立高知城歴史博物館学芸課長)の話が始まると、皆さん集中して耳を傾け、時折メモを取るなりして熱心に受講されていました。 順調にスタートしたことで主催者としても安堵したところです。
 我々は、この講座をきっかけに、多くの高知ファンができることを期待し、高知県へ出向いていただき、地元の美味しい食や、観光を通じて、より親しく、身近に高知を感じて欲しいと願っています。 講座の後半には、高知を訪問していただく旅行のプランもご案内する計画です。 学んでいただいた土佐の歴史と偉人を偲びながら、土佐の旅を楽しんでいただき、出来れば何度も訪問していただきながら、短期・長期の滞在の計画も検討いただき、Uターンの方々のみでなく、縁もゆかり無かった高知へ移住・定住も検討いただくことを願っています。
 我々のCCRC活動は、人口減少や少子化に対応するものでもありますが、新たな社会形成へと変化して、より楽しく、生活も仕事もでき、地元の方々との交流を通じて、更には、新たな産業や環境が形成されることを望んでいます。
 従って、個別の動きだけではなく、多くの方々の交流を通じて、新たな価値が創造されていくことを期待するものでもあります。 そのためには、組織を牽引する立場にある、我々、CCRCセンターは限りなく、新鮮な活動を推進しながら、皆様からの英知を頂き、地域が歓迎し、頼られる組織として発展しなければならないと感じているところです。
 皆様のご参加もお待ちしています。

2018年04月23日

55、2年目の「土佐の食1グランプリ大会」参加   (平成30年4月2日)

 平成22年から開催されている「土佐の食1グランプリ大会」は、今年3月31日~4月1日の二日間行われた。 毎年、桜の季節に開催されるが、今年は桜の開花が一週間程度早かったものの、晴天に恵まれ最後の花見を楽しみながら、多くの来場者が会場に詰め掛けた。
 土佐のご当地グルメ№1を決定するイベントとして味自慢を競うもので、今年は高知県内から46のグルメが登場した。 エントリーしているご当地グルメを一品購入する毎に投票券が配られ、来場者は色々なグルメを食べ比べ、お気に入りのグルメに投票する。 開催される会場は2か所で、JR高知駅南口の「こうち旅広場」と桜の名所でもある、高知県立歴史民俗資料館のある岡豊山(おこうやま)桜まつり会場である。

 昨年は、弊社は初めての出店で、自社で栽培している「青ネギ」をたっぷり入れ、又、 自社の販売商品である「にんにくやきにく極みタレ」で味付けして、土佐湾宇佐地区で獲れる「いわし」のオイルサーディーンを入れた焼きそばを鉄板で焼いて販売したが、ニラ焼きそば等多くの焼きそばの販売で、知名度の低い弊社の販売は低調なものとなった。 然しながら大変美味しいと褒めて頂く来場者も多く、会社を知って頂く効果もあったと考えている。 勿論販売した焼きそばは、一昨年末の高知市のコラボグランプリで入賞している商品でもあった。
 今年は、同じ焼きそばを販売することも検討していたが、やはり、昨年末にコラボグランプリで「一般審査員特別賞」をいただいた、「土佐香味MISO」いわゆるネギ味噌を使った商品を販売したいと考えた。 カフェバーを経営している知人からのアドバイスももらいながら検討して、決めたのが「ねぎみそトンのトルティーヤ焼き」となった。 直径15センチ程のトルティーヤを業務用スーパーから購入し、美味しいと評判の串焼きにもする豚を四万十町から仕入れて、後は、弊社が栽培する青ネギと玉ねぎをいれ、塩コショウと弊社のネギ味噌で味付けしたものである。 試作時点でも美味しいとの評価も高く、串焼きや焼きそばが多い中で、斬新性もあると思い取り組むことにした。 しかしながら、現場で鉄板を使って焼き上げるまでに手間がかかるとアドバイスをしてくれる友人もいた。 何度かテストする中でそれなりの手順を決めて、本番には何とか対応可能となった。
 2日間の販売で初日は専務のM氏が時間を割いてきてくれ、地元に知り合いが多いこともあり、多くの方に声を掛けてくれて、いわば押し売り販売の効果もあり、そこそこの販売をすることができた。 ありがたかったのは、食味した後、美味しかったですよと伝えに来ていただく方も多く、何よりの励みとなった。 人気商品で並んで待っている店も多く、来場者が審査員の雰囲気で食味を楽しんでいた。
 多くの店が二人から三人で運営している中で、2日目は一人で対応することになったが、それでもだいぶ慣れたこともあり、何とかこなすことができた。 初日よりは販売量は少なかったが、予定数量を販売することができた。
 嬉しかったのは、初日に購入された奥様に買ってくるようにいわれたから、買いに来ましたと旦那様がニコニコしてきていただいた時でした。
 これからも、このようなイベントを通して触れ合いができることの喜びを感じながら、できるだけ多くの機会に参加し続けたいと考えています。

2018年04月02日
» 続きを読む