ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

40、カットフルーツ用の梨 (平成29年8月7日)

 都市生活者のライフスタイルは、家庭での食生活に年々変化が起き、調理に手間がかからず、ごみが出ないカット野菜やカットフルーツを利用するため、その市場が大きく伸びているらしい。 
 高知で自社の畑で栽培している青ネギは、根元を畑に残し、カットして年4回ほど同じ畑で栽培しているが、主な出荷先は大手のカット野菜工場です。
 更に、高知県の農産物や果物を首都圏に出荷しているが、この2年ほど前から、取引先が高知の果物をカットフルーツの食材として取り入れて下さり、カット用の果物も新たに出荷が伸びてきている。 特に、高知特産の文旦は首都圏でも評判が高く、グレープフルーツの市場に一部食い込んできているようだ。 今年になってから、新たに、ポンカンや小夏の扱いも徐々に伸びてきている。 また、今まで考えられなかった、カット用のメロンが今年から出荷が始まっている。
 従来、輸入のパイナップルやグレープフルーツ等が主力のカットフルーツとして使われていたものが、徐々に国産の果物に切り替える傾向のようです。 カットフルーツ用の果物としての栽培に関しては、カットした時に身が崩れにくい品種を選ぶことや、コスト的にカット工場での手間や経費を考えると、果物の外見にはこだわらない栽培方法で栽培コストを削減する必要もあるわけです。 今年から始まった、カット用のメロンも栽培者からすれば、従来の栽培方法よりも手間がかからないので、経費も削減できるとのこと。
 
 更に、高知県には梨も秋には新高梨等が出回るので検討してくださいと伝えていたところ、早速連絡があり検討するとのことなので、梨に関して調査してみた。
 梨はバラ科ナシ属の木になる果実で、中国が原産とされ、日本には弥生時代に入ってきたとされていて、現在では様々な品種改良が行われ、その種類も数多くあり、沖縄を除き、日本全国で栽培されている。 大きく分類すると、和梨、中国梨、洋ナシの3種類があり、国内で生産されている和梨に対し、中国梨はあまり普及せず、一部地方だけで生産されている。 和梨は果皮の色で大きく2つのタイプに分類され、高知で栽培されている幸水や新高梨に代表される皮の色が黄褐色の“赤梨”系と、二十世紀梨や菊水に代表される色が“淡黄緑色”の“青梨”系です。
 早速、生産者を探すべく、大手筋の日曜市に出かけました。 8月の上旬に梨が出ているかなと探したところ、果物を主に販売している店舗に、早生の幸水を発見しました。 その後、見分けがつきにくいのですが、多摩という品種のものも販売されていました。 値段は結構高く、一個につき250円程でした。 色々と梨に関して情報を仕入れていると、高知での梨の主力産地が高知市内の西北にあたる、針木地区であることが解り、早速出向いてみました。 道路わきに梨の販売小屋が何件かある場所で、看板に書いてある電話番号にかけると小屋の後ろの高台から生産者が下りてきてくれました。 事情を話すと、関心を持っていただき、一か月後に新高梨の出荷が始まる時期に、再度訪問し商談することにしました。 新たな取引が開始され、バイヤーと生産者がともに喜んでもらえたらと考えています。

2019年08月07日

61、6次産業化を目指して (平成30年7月3日)

 ある資料によると、6次産業化とは1次産業者自らが主体となって、加工(2次)・販売など(3次)に関わることで付加価値(所得)を上げる取組とある。 また一次産業としての農林漁業,二次産業としての製造業、三次産業としての小売業等、事業の総合的かつ一体的な推進を図り、地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す。 さらには、1次x2次x3次=6次産業といった整理から、農村(土地)等が持つポテンシャルに着目し、環境、エネルギー、バイオマスも包含した広義の6次産業化も概念化されているようだ。 最近はこれら農山漁村を視点に、規模の大きさや広範な面として取り組みに対して支援を行う「6次産業化ファンド」なども用意されている。
 これらの活動を通して雇用と所得を確保し、若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため、農林漁業生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新たな産業の創出を促進する活動が求められている。
 6次産業化を進めるに当たり、想定する売り先や消費者の相手やシーンを分析する手法として、STP分析がある。
  S(セグメンテーション)は販売先の需要者を分析
  T(ターゲティング)は競争優位で可能性が高いセグメントを選定
  P(ポジショニング)は独自性が受け入れられるかどうかなど、具体的な優位性について            分析
 これらの具体的な戦略を基本にして独自の取組を進めていくわけである、実際に取り組む場合は単独で開発推進することはまず不可能であり、成功するケースはまれと考えられる。 目的に向かって知恵を出し合う仲間が必要になる。

 私どもは最初の取組として、近隣の評判「焼き肉のたれ」の話を聞きつけ、手作りしている農家の女将に口頭でレシピを伺った。 地元の加工業者に相談して、役員農家の畑のニンニクを持ち込み試作した。 余りにも「にんにく」の量が多いのにびっくりした。 サンプルを渡すと、添加物が一切入っていないそのたれをなめるとプロも驚くおいしさだった。 生産委託して既に3年ほど販売して、現在も順調に販売は伸びている。 この商品が最初の6次産業化の道付けをしてくれたといえる。
 毎年何とか一件でも新商品を開発しようと取り組んでいる。 2年目は焼き肉のたれを活用した商品開発の取り組みとして、一次産業の自社で栽培した青ネギを活用し「ネギにんにく焼きそば」を地元の「コラボ・グランプリ」に参加して敢闘賞を獲得した。 しかし屋台で販売するにとどまり、商品化は進まなかった。
 昨年取り組んで商品化ができたものに「ネギ味噌」がある。 これは前にもお知らせしているが、地元の味噌屋さんに弊社が栽培した青ネギを持ち込み商品化したもので、具体的な商品として昨年から販売を始めている。 いろいろ改良点もあるので,それらを再考しながら輸出商品としても伸ばしていきたい。
 今年も自社栽培の青ネギを活用した商品の開発を幾つか検討している。 何とか今年中に新たな商品を生み出したい。 自分自身の粘り強い発想と想像力が必要である。 しかし取り組んでいて、多くの方々の知恵や経験・専門的な助けがないと前へ進めないと感じている。

2018年07月03日

60、青ネギ栽培3年目 (平成30年6月7日)

 農業の6次産業化を目指している弊社が、現在栽培しているのが青ネギである。 直接栽培していることで生産者としての立場をよく理解することができる。 さらには加工品製造販売、高知県内の生産者の農産物や加工品を主に首都圏への販売。 これらを合わせて6次産業を推進していると自負している。
 青ネギ栽培のために、弊社の近くの圃場(ほじょう)ハウスを入れて5枚の畑、全部で1町1反ほどを活用して、通年で栽培・出荷している。 ネギには数多くの種類があり、栽培の仕方や、栽培される地域で違った名前や商品になるようだ。 私どもの青ネギは、西日本で一般的に食べられていて、比較的太く、緑色の部分が多く、一本から数本に枝分かれしている。 いため物や丼、麺類、お好み焼きなど様々な料理に活用できる。
 通年で出荷しているが、温暖な高知といえども季節や天候により、安定して出荷するにはそれなりの苦労がある。 圃場は香美市土佐山田町小田島で会社の所在地の近くにあるが、現在栽培している圃場は半分ほどで、残りは畑を休ませている状況だ。 畑は主に若手社員O君が頑張ってくれて、私自身は若干の手伝いをしている程度だ。
 青ネギは日々の出荷量に合わせて、早朝、根の部分を残してカットして収穫する。 その後、作業場で外側の枯れた部分等を取り除いて、用意された10キロ入りの段ボールに入れる。
 出荷先は数か所あるが、主な出荷先は関西方面だ。 通常は一回に10キロの段ボール入りを10ケースから20ケースを一か所に送る。 一年中8℃から10℃のクール便になる。 主な運送会社は南国インターの近くにあるN運送だ。 そこへは弊社の軽トラで持ち込む。 更に遠方に出荷する場合集荷に来てもらう場合もある。 高知市内の配送先には、高知県下を集配して回るK配送が届け先の手配で集荷に来る。 後は、高知市の卸売市場のM青果は自社の車で社員が取りに来る。 それぞれの配送先によって配送・物流には取引先と相談しながら最適な手配をするよう心掛けている。
 私どものカットネギは最終的には生活者になるのだが、ほとんどの配送先は野菜類のカット工場になる。各種にカットされたネギは、食材として各種の食品等に使われる。
 高知市内に配送しているものは、高知の日本食のレストラン・チェーンのオーダーによるものだが、途中市内のカット工場へ届けている。 届けられたネギは3通りの方法でカットされて、店舗に届けられているようである。 後は通販で、個別に焼き肉屋さんとかラーメン屋さんに直接出荷している。
 野菜のカット工場との契約は、年間で出荷量が決められ、販売価格も原則年間値決めになる。 価格帯は市場の相場の平均値が参考になっている。

 最近力を入れているのが、自社で栽培している青ネギを活用した加工品の製造・販売だ。 昨年から新商品として開発したネギ味噌は、高知市内のD味噌屋さんにネギを持ち込み、商品を作っていただいて、その後、全弊社で買い取り販売している。
 今のところ順調に販売しているが、今年は、更に新たな商品開発を検討している。

2018年06月07日

59、2拠点居住 (平成30年6月3日)

 郷里、高知県土佐山田町の家屋敷田畑を相続して5年ほどになる。 家族と東京に居住していると、高知の家屋敷が空き家では何の意味もないと思った。 学生時代に高知から東京の大学に入り、東京の我が家に下宿していた従弟Tと相談して、4年前に家屋敷を活用して農業法人「株式会社土佐龍馬の里」を設立した。 従弟の関係会社の上司K氏と、同じ地域で農業をされているY氏、それに東京から高知にUターンたしたM氏の5名で出資して会社を運営、早4年が過ぎた。
 最初の内は、親しい従弟T氏が高知にいるのでほとんど彼に任せ、月の内10日ほど高知に滞在する程度で過ごしていた。 ところが頼りにしていた従弟T氏が2年ほど前に病死してからは、逆転して現在に至るまで、高知に滞在することが多くなり、何か特別の用がない限り東京には戻らなくなった。 本年も、暮れから新年にかけて正月を数日東京で過ごしただけだった。 もちろん、私の知り合いの方にも、一年中世界を駆けまわっている方もいるし、従弟の会社の上司K氏などは高知、東京、東北に関連の会社があり、東京に住む御家族の家に落ち着く暇がない状況のようだ。 
 現在、私の場合は女房と大学2年生の息子は東京に残し、高知で単身赴任している、成り行きで2拠点居住の現状である。 私の場合は何代かにわたり、両親の祖先も高知出身で、親戚もかなり高知に住まれている。 何か運命的な経緯で高知に在住しているようにも感じている。
 この数年の間に、東京での仕事や経営していた学習塾等を整理し、東京へ戻らなくても、高知の仕事に専念できるようになった。 ただし、大学を卒業して大手物流会社N社を停年になってからも物流の業界団体の役員を7年ほど務めてきたので、現在でも物流に関しての専門知識と経験は継続して生かすようにしている。 時折、コンサルタント会社等から依頼があるので、電話インタビューでの対応は継続している。
 
 2拠点居住は、無駄なことや家族に心配や負担をかけることもあるが、現状を前向きに考えて過ごすことにしている。 東京の生活の過ごし方は慣れているはずであるが、たまに帰ると戸惑うこともある。 例えば、交通手段の選択についても幾つかのルートがあるためにその都度迷ってしまうことや、以前からお付き合いしていた方々が疎遠になり始めているので、連絡をちゅうちょする。 高知の良さはやはり自然が目の前にあるということになるが、バスや電車の頻度が少ないために、あらかじめ時間を確認してからでないと計画がたたない。 特に車の移動が主になるので、夕方ビールを飲むにしてもあらかじめその後のスケジュールを確認しておかないと無駄な出費をしてしまう。 私が住んでいる所は田園地域であるが、3キロほどで土佐山田町の街並みもあり田舎の生活も楽しめる、15キロほどで高知市に行けるので地方都市の生活もエンジョイできる。 一番楽しみなのは、時折歩いて10分ほどで一級河川「物部川」の川向こうに、気楽な飲み屋があることだ。 もちろん、そこ以外には家から歩いていける飲み屋は無いのだ。
 大都会東京と地方都市の田舎、土佐山田の2拠点居住はそれなりに価値ある生活かなと自己満足している。

2018年06月03日

58、南国土佐まつりin東京   (平成30年5月15日)

 今回は、6月16日(土)夕刻に早稲田のキャンパスに隣接するリーガロイヤルホテル東京で開催される「南国土佐まつりin東京」の御案内です。
 4月より、早稲田大学オープンカレッジ(東京)にて「幕末維新土佐学講座」と題する連続講座が開催されています。 この講座は幕末から明治にかけて土佐から輩出した人材にスポットをあて、計10回の講座を行うもので、講師の方々は県内の博物館や資料館などで活躍されている方々が務められています。 早稲田大学からも注目度の高い講座として大きな関心がもたれています。
 現在、高知県では大型観光プロジェクト「志国高知・幕末維新博」の第2弾がスタートし、高知の街は、週末ともなるとたくさんの観光客でにぎわっています。 また、坂本龍馬の殿堂「坂本龍馬記念館」も、新資料を加えて4月21日から新館がオープンしました。 なつかしい土佐弁を聞きながら、 食べて、飲んで、楽しんで、そんな一夜になれば幸いです。 高知の魅力がふんだんに盛り込まれた懇親会にご参加ください。
 また、当日、会場では、一度東京に出ていったシニア世代が再び高知のふるさと回帰につながるきっかけ作りとして、各自体が会場内のブースで高知への観光、移住・定住の実際を紹介していきます。 それに伴い、現在、シニアの新しい暮らしのかたちとして注目を集めているCCRCと呼ばれるシニアの移住プランも紹介していきます。
 150年以上前、坂本龍馬や中岡慎太郎、ジョン万次郎、岩崎彌太郎、板垣退助、後藤象二郎など優秀な若者を輩出した高知県ですが、平成の時代になった今も、高知の若者は東京に活路を求めて出ていっています。 若者からシニアの方々、現代の龍馬、慎太郎として活躍している方々、おいしい食べ物と自然がいっぱいのふるさと高知をこの機会に味わってください。 また、直接に高知にゆかりがない方々も、この機会にご参加いただければ、南国土佐の空気を感じていただくことができます。 高知からも大勢参加して皆様との交流の機会になればと準備しています。
 移住・定住の相談や高知への観光の御案内もさせていただき、高知を身近に感じていただくことがこの会を開催する趣旨でもあります。 当日は、ホテルの料理以外に、高知から新鮮なカツヲ、龍馬や慎太郎が好んだ軍鶏、土佐のおいしい赤牛、首都圏では珍しい山菜、イタドリ、この時期に美味(おい)しい、小夏等々、数多くの食材を持ち込ませていただきます。さらには、夏の名物、よさこい踊り等も披露されます。
 主催者であります、一般社団法人高知サマサマCCRCセンターは、シニアの高知県への移住・定住の促進を目的にしていますが、移住後の地元住民を含めた交流の促進とシニアの方々のノウハウや経験を生かした活動を積極的に進めていきたいと取り組んでいます。今回のイベントもこれらの取組の一つで開催されるものです。
 多くの皆様との楽しいひと時と触れ合いの場所になるよう、心を尽くして準備をしています。 皆様のご参加をお待ちします。 お問い合わせ・お申し込みは下記へお願いいたします。
                   
主催  一般社団法人高知サマサマCCRCセンター(南国土佐まつりin東京実行委員会)
連絡先   088-802-6616 FAX 088-883-0121
メール   info@kochi-ccrc.com


2018年05月15日
» 続きを読む