ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

40、カットフルーツ用の梨 (平成29年8月7日)

 都市生活者のライフスタイルは、家庭での食生活に年々変化が起き、調理に手間がかからず、ごみが出ないカット野菜やカットフルーツを利用するため、その市場が大きく伸びているらしい。 
 高知で自社の畑で栽培している青ネギは、根元を畑に残し、カットして年4回ほど同じ畑で栽培しているが、主な出荷先は大手のカット野菜工場です。
 更に、高知県の農産物や果物を首都圏に出荷しているが、この2年ほど前から、取引先が高知の果物をカットフルーツの食材として取り入れて下さり、カット用の果物も新たに出荷が伸びてきている。 特に、高知特産の文旦は首都圏でも評判が高く、グレープフルーツの市場に一部食い込んできているようだ。 今年になってから、新たに、ポンカンや小夏の扱いも徐々に伸びてきている。 また、今まで考えられなかった、カット用のメロンが今年から出荷が始まっている。
 従来、輸入のパイナップルやグレープフルーツ等が主力のカットフルーツとして使われていたものが、徐々に国産の果物に切り替える傾向のようです。 カットフルーツ用の果物としての栽培に関しては、カットした時に身が崩れにくい品種を選ぶことや、コスト的にカット工場での手間や経費を考えると、果物の外見にはこだわらない栽培方法で栽培コストを削減する必要もあるわけです。 今年から始まった、カット用のメロンも栽培者からすれば、従来の栽培方法よりも手間がかからないので、経費も削減できるとのこと。
 
 更に、高知県には梨も秋には新高梨等が出回るので検討してくださいと伝えていたところ、早速連絡があり検討するとのことなので、梨に関して調査してみた。
 梨はバラ科ナシ属の木になる果実で、中国が原産とされ、日本には弥生時代に入ってきたとされていて、現在では様々な品種改良が行われ、その種類も数多くあり、沖縄を除き、日本全国で栽培されている。 大きく分類すると、和梨、中国梨、洋ナシの3種類があり、国内で生産されている和梨に対し、中国梨はあまり普及せず、一部地方だけで生産されている。 和梨は果皮の色で大きく2つのタイプに分類され、高知で栽培されている幸水や新高梨に代表される皮の色が黄褐色の“赤梨”系と、二十世紀梨や菊水に代表される色が“淡黄緑色”の“青梨”系です。
 早速、生産者を探すべく、大手筋の日曜市に出かけました。 8月の上旬に梨が出ているかなと探したところ、果物を主に販売している店舗に、早生の幸水を発見しました。 その後、見分けがつきにくいのですが、多摩という品種のものも販売されていました。 値段は結構高く、一個につき250円程でした。 色々と梨に関して情報を仕入れていると、高知での梨の主力産地が高知市内の西北にあたる、針木地区であることが解り、早速出向いてみました。 道路わきに梨の販売小屋が何件かある場所で、看板に書いてある電話番号にかけると小屋の後ろの高台から生産者が下りてきてくれました。 事情を話すと、関心を持っていただき、一か月後に新高梨の出荷が始まる時期に、再度訪問し商談することにしました。 新たな取引が開始され、バイヤーと生産者がともに喜んでもらえたらと考えています。

2019年08月07日

65、健康寿命と平均寿命 (平成30年9月13日)

 昭和16年10月生まれの私は、間もなく77歳(喜寿)になる。 お陰様で、かなり無理をした時期もあったが、両親から受け継いだ健康な体は現在も元気で過ごさせていただいている。 友人からは元気だねといわれ、初めての方には10歳から5歳若く見られることが多く、そのたびに自己満足しているが、実際は老化を感じるときが度々ある。
 長く続けているテニスを、若い方々とプレーしていると身のこなしが全然違うことがわかる。 最近特に深酒をすると翌日に残り、胃腸が疲れていて回復に時間がかかる。 これは当たり前のことなのだろうが、自分自身はいつまでも若々しくいれるという妄想に駆られている。
 当たり前のことだが、老化は加齢とともに生じる自然現象で、誰もが避けることはできない。 さらには、高血圧や動脈症、糖尿病、がんや認知症などの発症リスクが高まるため、注意と対策が重要である。 自分も主治医に、血圧が高い糖尿病に近づいているといわれると反発したくなるが、医者は事実を伝えているに違いない。

 最近、特に「健康寿命」ということが話題になっている。 「健康寿命」とは、身体に問題がなく生活ができる期間のことだ。 この「健康寿命」と「平均寿命」の差が、医療や介護に頼らないと生活できなくなることで、それは、男性で9.02年間、女性では12.4年間もあり、寝たきり状態などもここに含まれる。 つまりこの間を、不自由な状態で過ごすことになる。 さらに、この「健康寿命」は、ここ10数年間ほとんど伸びていない。 超高齢化社会を迎え、このことが問題・課題となる。 既に高齢な我々は、元気な若い方々が今の若いうちにこのことに注力して、長年の生活習慣が大きく影響することを意識し、「健康寿命」を伸ばすことを心がけてほしいと念ずるとともに、既に高齢といわれる我々も少しでも「健康寿命」を伸ばすよう心掛けたい。

 そこで大切なのが食生活だ。 老化に伴い、腸の機能も全般的に低下してくる。 一般的に、年齢とともに腸の弾力性が弱まり、機能が低下し、そこに運動不足や食事内容の変化に伴い便秘になりやすくなり、そうなると腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増加して、腸内環境が悪化するようだ。
 そこで、腸内細菌のバランスを保つためには、発酵食品の摂取が有効とされている。 醬油、みそ、漬物などの植物由来の発酵食品が見直されている。 発酵食品の摂取状況や、それによる腸内細菌のよしあしは、健康だけでなく、見た目の老化とも深く関わっているようだ。 老化は誰にとっても避けられない現象だが、それを遅らせるためには、日頃から食生活に気をつける必要がある。
 我々も、おいしく頂ける発酵食品を、新商品として開発するように日々努力していきたいと考えている。日本にはお陰様で多くの発酵食品があるので、これらを大切にしながら健康寿命を延ばそう。

2018年09月13日

64、よさこい祭り (平成30年8月15日)

 高知市では毎年8月9日から8月12日までの4日間、よさこい祭りが開催されている。 全国的に猛暑が続く中で、今年も盛大に開催された。 ここ2年は、ほとんど高知に在住している私だが、両親の故郷、高知の夏の元気さを体感することができた。
 今年も高知市内の9か所が踊りを競う競演場で、7か所が演舞場になる。 よさこい祭りは「鳴子(なるこ)」を持った踊り子たちがよさこい節(よさこい鳴子踊り)に合わせて競演場・演舞場(大手筋を始め、中央公園、枡形(ますがた)、帯屋町(おびやまち)、菜園場(さえんば)等の繁華街を踊り歩く情熱的なお祭りである。
 よさこい祭りの衣装は、伝統的な衣装から現代的なコスチュームまで、バラエティーに富んでいる。 昔はいわゆる正調よさこい鳴子踊りが主流だったようだが、最近ではそれに加えてロック調、サンバ調、クラブ調あるいは演歌調など、各チームがアレンジした様々な楽曲と振り付けが披露される。
 今年第65回を迎えた「よさこい祭り」は、第二次世界大戦後の不況を吹き飛ばそうと、高知市の商工会議所が企画したのが始まりで、1953年「隣県の徳島県で行われている阿波踊りに負けないお祭りにしよう」と考えたとのこと。 踊りの振り付けを日本舞踊の各お師匠さんに依頼し、踊りのための作詞と作曲を高知市在住だった武政英策氏に依頼したところ、彼のアイデアとして「阿波踊りの素手に対抗してこちらは鳴子を使おう」ということになり、第1回は1954年に開催された。 日取りについては当時の気象データーで過去40年間最も晴天率が高い、8月10日11日に決めたとのこと。 当時のよさこい祭りは伝統的な盆踊り風だったようだ。
 よさこい祭りには基本的なルールがある。 参加人数が一チームあたり150名以下であること、鳴子を持って前進する踊りであること、曲を自由にアレンジすることができるが必ず「よさこい鳴子踊り」のフレーズをどこかに入れること、さらには、チームの先導をする地方車(じかたしゃ)は一台で、車両の大きさは制限されている。
 各チームが目指すのは各賞で、前夜祭(8月9日)、本番(8月10日11日)、後夜祭(8月12日)に、数多くの賞が設けられている。
 毎年盛り上がる「よさこい祭り」、今年の参加チームは206チームで、踊り子は1万8000人とのこと。 もちろん各競演場、演舞場の見物客も多く、前日から場所取りも行われている。 大筋には専門の有料の観覧席も設置されて観客も多く、演舞者と一緒に盛り上がる。
 今回、私は3日間、中央公園近くの大丸の南側で、友人が赤牛の串焼き、かき氷、生ビールを販売する脇で、きゅうりの浅漬け一本串刺しを氷の上で冷やして販売した。 踊り子たちは、冷えたきゅうりをおいしそうに“ほおばって”いた。 朝から晩まで、よさこいの曲が流れる中で、来場者と会話を楽しみながら、高知の元気さ(特に女性)を肌で感じ、その場にいる自分の幸せを感じた次第である。

2018年08月15日

63、(続)新商品開発 (平成30年8月2日)

 高知県土佐山田町、物部川流域にある、祖先から引き継いだ田畑を活用し、青ネギを栽培して3年目に入る。 この地域ではニラやネギ、生姜の栽培が盛んだ。 多くの農家が、儲からないといいながらもお米も栽培して、この時期、早場米は既に稲穂が金色に輝いている。
 俄に農業法人を立ち上げ4年が過ぎた。 素人の域を出ていないが、それでも、知り合いから、根強い需要があるからと勧められるままに、加工用のネギの栽培を続けている。 当初は徳島の方から指導を受けたが、幸いにも何とか継続して出荷を続けている。 通年で出荷しているわけだが、加工用ということで、畑から根を残して刈り取って、外側の部分を除き、10キロ単位で県内外の加工場へ送る。 年間で値決めをしているので、その都度価格を交渉する必要がなく、決められた数量を出荷することになる。 値決めの価格は厳しい数字だが、それでも、市場の相違を調べてみると、私どもの契約価格は半値程度のときもあれば、3倍もするときもある。
 今後も、しばらくはこの加工用のネギの栽培を続けていく所存だが、できればその一部を利用して、付加価値を付けるために加工品ができないかと考え、昨年は、地元の味噌屋さんに青ネギを持ち込み、ネギ味噌を商品化することができた。 販売は順調に推移しているが経営の柱になるまでには時間がかかる。 一昨年に販売を開始している焼き肉のたれもあるが、更に自社のネギを活用した加工商品を考えている。
 高知県も食の商品開発に関しては力を入れているので、自治体等の主催の研修会や相談会も多く開催される。 私は機会あるごとに、自社の青ネギを携えて会場に出向くことにしている。 今年も年末までに新たな商品を開発することを皆様と相談したり、お願いしたりしていたら、最近、幾つかの話が進み始めてきた。
 世代の違いや、様々な経験や専門の方々からのアイデアは、自分自身では想像もできない分野へと展開されていく。 四万十町の会社で、各種食品を製造販売しているM氏を紹介していただいたところ、青ネギをふんだんに使った餃子を試作してみようと、御提案いただいたので早速、青ネギを送らせてもらった。 M氏はとっさに、「ねぎまみれ餃子」とネーミングまで考えてくれた。平素から知り合いで、日曜市にも出店されているL社は立派な加工施設を持たれていて、ケーキやスムージー等様々な商品を加工販売されていているので、ネギの乾燥をお願いしたところ、早速ネギの色が残る乾燥ネギの試作品をお持ちいただいた。 さらには、現在販売されているトマト味のラスク姉妹品としてネギラスクを検討してみるとのこと。 また、180年も続くI麴店の7代目社長を窪川の工場まで、ネギを持って相談に出向いたところ、いろいろアイデアを出していただいた。 販売されている商品一つに、ビンの中に乾燥した麴をいれていて、購入した方が、自分で、みりんと醬油を入れて、2週間ほど置いておくと麴味噌ができるというユニークな商品があった。 それに乾燥したネギを入れさせてもらったらどうかという発想が浮かんだ。
 大手の食品開発会社の話では、毎年、数多くの商品開発を手掛けても、実際に世に出るのは2割程度あれば良い方だとのことだが、困難は承知で、皆様の意見を頂きながら着実に新商品を開発していきたい。

2018年08月02日

62、異常気象 (平成30年7月24日)

 先日、ここ、高知県香美市土佐山田町でも、降り続く雨で、目の前を流れる一級河川「物部川」の一部も氾濫しました。 幸いにも河口から約9キロメートルの上流にある私どもの家屋敷、田畑は昔から災害に見舞われたらしく、立派な堤防が築かれていて、一部は更に昨年補強されていました。 氾濫したのは対岸の地域で、堤防の内側に田畑や園芸用のハウスもあり甚大な被害になりました。 特に山間地の多い高知県は土砂崩れによる道路の切断等が多く起こりました。 現実に、度々身の危険を感じていたことは事実です。
 高知県での豪雨が収まりかけたところに、広島、岡山等々が更に多くの災害が発生したことは今もその復旧に多くの時間と手間を要する結果になっています。
私どもにも多くの皆様から見舞いの連絡を頂きありがたく、感謝に堪えません。
 さて、大雨が過ぎた後は、全国的に気温が上昇して、過去に経験したことのない高温が続いています。 驚いたことには、過去に最高気温を記録した高知県の数値を超える高温が日本各地に起きていることです。 今日現在でもこの状況は続いているのです。 あれだけ降った雨が10日ほど一滴も降らず、日中は「ゆだる」程の気温が続いています。 多くの方々が各地で熱中症にかかり、命を失う方も出ている始末です。 いったい、地球に何が起きているのでしょうか。
 昔は、どうしても避けられない、怖い存在として「地震、雷、火事、親父」といわれていましたが、今や親父の怖さは影を潜め、代わりに、豪雨と高温が加わっているのではないでしょうか。
 
 地球上で起きている異常気象を見てみると、異常高温や干ばつ、大雨や集中豪雨ですので日本も世界基準に近づいたといえるのでしょうか。 従来の日本の異常気象は、猛暑や冷夏、大雪や暖冬が挙げられます。 最近気になるのは、「エルニーニョ現象」や「ラニーニャ現象」です。 「エルニーニョ現象」は、南米ペルー沖太平洋の海面の水温がいつもより高くなり、太陽の熱で温まった海水が西に流れ、海水の少なくなったペルー沖は、海の深いところから冷たい海水がわきあがり、太平洋の東と西の海水温度に大きな差ができる。 「ラニーニャ現象」は何らかの原因で、東から西へ吹く貿易風がとても強くなり、ペルー沖の海面水温が低くなってしまう現象。 この「ラニーニャ現象」が、日本の猛暑や寒冬といった異常気象の原因になるようです。 異常気象の原因はやはり地球温暖化と大きな関係にあるようです。
 二酸化炭素などが増えすぎて、地球に熱がこもった状態が地球温暖化とすれば、気温が上がること、大気のバランスがくずれて海水の温度や気圧などにも影響し、地球温暖化が異常気象の大きな原因の一つといっても間違いないでしょう。 自然界の中で生かされている人間が自然界のバランスを壊さないようにするにはどうしたらよいか、大変難しい課題ですが何かの糸口でもつかみたいと思います。

 高知で栽培している、青ネギも日照りで枯れそうです。 毎日の水やりは、大自然の雨にはかないません。 何とか大自然の怒りをなだめられればと感じるこの頃です。

2018年07月24日
» 続きを読む