ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

84、輪抜けさま(令和元年7月3日)

 両親の郷里高知に住み始めて3年ほどになる。今年、知人から“輪抜けさま”の行事を初めて知った。正式には、「夏越(なごし)の祓(はらい)」とか、「水無月の祓」ともいわれ、藩政時代から続く伝統行事だそうである。緑の茅(ちがや)の輪を抜け、けがれを祓(はら)い、緑の生気を得て暑い夏を健やかにと祈る行事のようである。茅(ちがや)の輪は、神社の氏子さんを中心に作られるとのこと。きっちりと細く巻いてあるところ、茅をざっくりと巻いてあるところと色々で、大きな緑の茅の輪が直径4.85メートルの神社もあるそうだ。訪れた人は、ぐるりぐるりと左、右、左と「8」の字を描きながら、夏の匂いがする緑の茅の輪をくぐり、無病息災を祈る。
 「輪抜けさま」がおわれば土佐路は夏本番に突入する時期のようであるが、今年はなぜか、梅雨に突入し、雨の中のお祭りになった。高知市から、東へ約20キロ土佐龍馬空港の東側から土佐湾に流れ込む、一級河川、物部川の川沿いに広がる香北町に、6月30日に開催された。
 「輪抜けさま」の会場、「大川上美良布神社」がある。この神社の社殿の規模も大きく木割りも堂々として落ち着きを感じさせ、屋根は幕末の造りにしては美しく優美であり、伝統ある立派な神社である。
 この地域も人口減少、高齢化が進んでいて、年間を通しての多くの伝統行事も、それを継続するのが大変のようである。今回誘われたのも、ぎりぎりの戦力で祭りを維持している状況で、神社の関係者から、協力要請があったのが現状だ。
 2週間ほど前の打ち合わせ会に参加した、参加者は高齢者が多く、まとまりのない打ち合わせであった。およその状況を推移しながら、私からは、二つ提案させてもらった。一つ目は、最近、アメリカに40年余り生活していた、東京・浅草生まれのK氏による、子供たちに英語を親しんでもらう「英語で遊ぼう」のイベント。二つ目は7、8店の屋台が計画されていたので、鉄板を持ち込んで、「焼きそば」を作ることである。二の案は承認され取り組むことになった。
 開催当日は、前日からかなりの雨降りの天候が予測されたが、雨天決行ということで、準備して早めに境内へ向かった。茅の立派な輪とお客様用のテントは既に用意されていたが、かなり強い雨が降っていたために、全体のレイアウトの変更を余儀なくされ、5・6名の年配者による実行委員は境内で雨を見ながら考えあぐんでいた。
 しばらく境内の雰囲気を味わっていた私は、御了解をえて、自分の屋台の場所を決めて、鉄板等を下し準備を開始した。最初は心配したが、徐々に参加者が増え、昼過ぎにはお客様を迎える準備もできてきた。午後8時頃で終始、降り続く雨の中であったが、祭りは予定通り進行し、多くの方が参加してくれた。「英語で遊ぼう」のイベントも子供たちの歓声の中で、二度ほど開催され、「焼きそば」もほぼ完売することができた。
 地元に長く根付く、伝統行事は地域にはかけがえのないもので、主催者側、お客様を問わず皆で継続して盛り上げていかなければと強く感じた。

2019年07月03日

83、田舎暮らしの勧め (令和元年6月20日)

 久しぶりに、高知の田舎から東京へ戻ると、JR・地下鉄等の乗り継ぎに、時間表を見る必要がないのに、今更のように感心する。乗り継ぎの時間を気にしないで、目的地に到着することができる。高知の田舎では、1時間から2時間に一本しかないバスの時間を気にしながら、目的地までの乗り継ぎを事前に確認しなければならない。したがって、自宅から車を利用するのが当たり前になる。都会の交通の便利さは、車の必要性を感じない。
 田舎暮らしに慣れてくると、誰しもが、いうことだが、あふれる人、人の波に圧倒される。都会生活を長く経験している私にしても、田舎暮らしが長くなってきている最近では、都会の雑踏に異様さを感じるようになる。都会の便利さに人口が集中している現状では、当然かもしれないが、新宿、渋谷、池袋等々の人々の集中度は異常なほどで、人も車もあふれかえる状況だ。田舎では、地域の中心を離れるとすぐに、田園風景が広がってくる、都会では、どこまで車で走っても、商店やスーパー等、お店が切れ目なく続く。先日、家族で、文京区から、山梨まで車で一般道を車で往復したが、100キロほどの道のりに、田園風景はわずかであることに気が付いた。

 我われが取り組んでいる、首都圏シニア層の高知への移住・定住の活動も、田舎暮らしにあこがれを抱く方々が多くなってきている状況で、各県それぞれ、地元の特色を売り込みながら活発に取り組んでいる。シニアに限らず、移住。定住を促進する活動を支援する組織の一つが、有楽町にある、NPO法人ふるさと回帰支援センターである。6月の中旬には、高知県も、高知県最大のUターン・Iターン相談会、高知くらしフェアを開催している。
 参加すれば、高知暮らしの最新情報がすべてわかる。高知県全域の担当者が参加し、先輩移住者の生の声が聞け、お勧めの空き家情報や、就職・就業相談ができる。会場には、託児サービス、授乳スペース、おむつ台等が用意され、数か所のブースを訪問してアンケートを出すと、抽選で高知県産品をプレゼントしてくれる。至れり尽くせりの設営である。
 60か所ほどの各ブースでは、個別に面談しながら、数多くの移住体験ツアー等が用意され、参加者の要望等のヒヤリングを行っている。移住者の関心事は、現地で、仕事が見つかるか、住まいは、さらには移住地の文化や環境がどうかということになる。シニア層に関しては、移住先で、自分の特技や経験が生かせるかどうか、新たな良い人間関係ができるか。もしも体の具合が悪くなったとき、介護等の必要が生じたときに、心配ない施設や対応が可能かどうかであろう。
 これから、多くの方々を移住・定住という形で受け入れていくため、高知県の仲間と連携し、より良い町や地域にするため、努力を継続して作り上げると、強く感じている。
 スローガンでもある、「生涯活躍のまち」を形成していく決意が必要と感じている。今後は、移住者・定住者一人一人が幸せと喜びを感じてもらえるように、地道な努力を重ねていく所存だ。どうか、関係者の皆様、高知県に更に関心を持っていただき、地元の方も、移住・定住されてきた方も、皆でこの自然の豊かな高知を、真のパラダイスにしたいものだ。
2019年06月20日

82、地元産品販売商談会(令和元年6月5日)

 高知県でも、官民一体で、新たな商品開発を推進しながら、販売先への商談の機会を数多く開催できるよう取り組んでいる。一次産業が中心の高知県は、どうしたら付加価値が付けられるかと、特に食品の加工に関して力を入れている。高知県には産業振興推進部の中に、地産地商・外商課が担当でさらには、一般社団法人高知県地産外商公社も民間の立場で積極的に販売活動を行っている。
 食品の販売には、賞味期限や、添加物、成分の表示、HACCP(工程管理システム)認証、等々に関して十分な対応が当然必要で、これらに関しても、専門家のアドバイス等を受けられる環境整備も進められている。実際に商品が販売開始されても、在庫や出荷手続き、運送手配等に関して十分な準備が必要になる。
 加工食品の販売には生鮮食品とは違って、小売店(デパート、スーパー、コンビニ)との間に卸業者(商社)が介在することが多く、中間の手数料を十分考慮に入れて、値決めをする必要がある。直接販売の場合は八掛け程度で販売できるケースもあるが、卸問屋経由の場合は六掛けで商品を卸さなければ取り扱ってもらえない場合が多い。
 6月に開催された高知市内のホテルで、高知県産品商談会には、出品者が116社、各地から参加バイヤーが60社、それぞれが、お互いに限られた時間の中で効率的な商談が進められた。しかしながら、販売の掛け率を始め、出荷単位や賞味期限等に関して、細部の打ち合わせと契約を交わすには、後日継続した交渉が必要になる。
 私どもも、会場にブースを設けて、加工品2品(にんにくやきにく極めたれ、ネギ味噌)を展示し、来場のお客様に商品を紹介し、味見をしていただいてセールスに勤め、さらには数社の個別商談にも対応させていただいた。取引の可能性を感じた場合は、サンプルを差し上げたりもして、宣伝に努めた。
 出展している中には、日頃から親しくさせていただいている生産者も多く、時間の合間を見ては、お互いの商品に関して意見を出し合うケースも多く、そういった中から、今後の商品作りの上でコラボ事業者を発見することもできる。
 一日の商談会を有効に活用し、実績に結びつけるかを常に考えるわけだが、ビジネスはこちらの思わく通りに行くケースは少ない。むしろ偶然に望むような契約が、飛び込むケースも多いと考えられる。そう思うと、直接的に成果を望むより、多くの来場者、関係先に良い印象を持ってもらうことが大切と考えている。したがって、あらゆる機会をとらえて、多くの方々に認識していただくことが、次のステップにつながると期待している。
 今回、バイヤーとのアポイントによる面談は三社のみであった。商品そのものに関して説明させていただいたが、限られた面談時間の中で、多くの時間を日常の私どもの取組に関して説明させていただいた。農業の六次産業化の取組や、高知を起点とした物流・流通の仕組みや構築への取組、香港への輸出の状況、さらには高知県への移住者の誘致事業に関して等まで説明させてもらった。

2019年06月05日

81、四国八十八か所、お遍路ツアー (令和元年5月23日)

 四国八十八か所とは、1200年昔、弘法大師が42歳のときに、災害を除くために開いた88の霊場。弘法大師の亡き後、弟子たちがその遍路をたどったことが、四国八十八か所お遍路の始まりと伝えられている。様々な願いとともに心の修行を重ねる旅は、今も変わらぬ姿で四国に存在している。
 日本人の旅の起源は伊勢神宮へ参拝する「お伊勢まいり」だといわれている。神仏への信仰の心や祖先の供養の心を表す「霊場巡拝」の旅は「旅行の原点」ともいえるのではないか。現代でも、四国の八十八か所霊場を始め、西国、秩父、坂東の百観音霊場など、全国各地の霊場へ巡礼の旅に出かける方も多くいらっしゃるようだ。
 高知の香美市に滞在している私であるが、車で各地に出かけるとそのたびに、一人若しくは数人で巡礼の装束をまとい、ひたすら、歩かれている方を見かける。雨天の日などに、歩かれている方を見ると頭の下がる思いを感じるときもある。私どもの近隣のお寺は、28番札所、大日寺と29番札所、国分寺があり、国分寺には、親族の永代供養をお願いしている関係で、時折参拝に出かけるところでもある。
 
 2週間前に突然、旧友から電話があり、高知へ出かけるので、会いたいとのこと。予定の日が近づいてきたので、昼間電話すると留守電になっていて連絡が取れない。夕方に電話してやっと連絡が取れると、今は徳島だという。同年代のシニアなので、のんびり旅でも楽しんでいるのかと思ったら、どうやら、バスを利用しての「四国八十八か所巡り」をしているらしい。スケジュールは決まっているようだが、高知で待っている私には、状況がつかみづらい。どうやら、徳島から室戸周りで高知市内に入り、足摺方面に向かうルートらしい。
 高知市内のホテルに着いたと連絡があった。ちょうど市内にいたので、電話をもらって15分ほどでホテルへ迎えに出向いた。懐かしい顔がホテルのロビーで待っていた。そばに年配の女性がいたので、奥様かと確認すると、たまたまバスで一緒に乗り合わせた旅仲間だという。ご一緒にお誘いして、市内でシニアの移住促進活動をしている拠点(集会所・レストラン)に案内する。一緒に活動している仲間がいたので、交流することができた。私の旧友O氏は昔の仕事仲間であり、中東のプロジェクト仲間でもあった。船会社勤務が長く、特に北米とアジアの航路での経験が多く、我々の拠点「一般社団法人高知サマサマCCRCセンター」の看板を見ると、すぐさまサマサマに気づいて、インドネシアと関係があるのかと聞いた。インドネシアの経験も豊富なようだ。店主がインドネシアでホテルでの仕事をしていたこともあり、しばらくはインドネシアの話で盛り上がった。結局、夕食に来客の二人は、ミーゴレン(インドネシアのチャーハン)をオーダーした。
同伴した御婦人Cさんは、神奈川からバスツアーに参加していて、御主人はクルーザーで日本各地に出かけているという。お二人とも、シニアとして元気に生活をエンジョイされているようだ。
 最近は、四国巡礼も様々なパターンで、バスを利用して個別のスケジュールに合わせながら、多くの旅行者に対応しているようだ。私も、CCRC活動の一環として、高知への移住定住に関してもお勧めした次第だ。

2019年05月23日

80、令和元年、高知での10連休 (令和元年5月8日)

 新しい年号、令和が始まった。小生が10連休を高知でどう過ごしたか、そこで何かお伝えすることがあればと記述してみる。
 私どもが取り組んでいる、首都圏からシニアの移住促進の組織「一般社団法人高知サマサマCCRCセンター」が、今年の4月から高知市に公式に組織として認められ、より一層の活動に取り組み始めている。その取り組みの中で、東京出身のカルフォルニア、サンデイエゴで40年近く滞在されていたK氏が、高知県に移住された。
 彼の経験とノウハウを生かすべく、連休中のイベント販売の話を持ち掛けた。以前から取り組んでいた焼きそば、トルティーヤ焼きの販売の状況等を説明した。彼の多くの経験から、トルティーヤ焼きもいいけれど、小麦粉のトルティーヤはメキシコの食べ物を代表するタコスとして販売したらどうかとのアドバイスがあった。私の従来販売していたトルティーヤ焼きは、高知の四万十豚と玉ねぎ等をいためて、弊社が販売する「ねぎ味噌」で味付けしていた。K氏の説明では本場メキシコやカリフォルニアの食材と味付けが良いと。私はいままでの商品は、まるで素人のアイデア商品だと感じ、商品の販売を全面的に変更することにした。もちろん、食材そのものは高知産のものを使うのだが、その中でアボカドだけは、高知の中央市場からメキシコより輸入されたものを調達した。
 この連休の7日間、イベントが盛んな高知県なので、2か所でメキシコのタコスを販売することになった。
 さて、連休前半3日間は、地元土佐山田のスーパーから声がかかり、店舗内でマルシェの一部として、客寄せのイベント販売に参加させていただいた。
 事前に、鶏肉、豚肉、トマト、アボカド、玉ねぎ、レタス、ニンジン、パクチーを用意して、店頭に鉄板とプロパンボンベを持ち込んだ。開店の9時から、夕刻まで、お客さんの注文があると、トルティーヤを2分ほどで焼き上げ、中に具材を入れタコスを完成させ、プラスチック容器に入れてお客様に販売した。
 最初の内は珍しがって買われるお客様が多かった。しばらくすると、食べて美味しかったと再度、御家族に持ち帰りたいとの注文も入りだした。店長もこれは旨いと昼に召し上がっていただいた。更にスーパーの社長も3日間、毎日、立ち寄り、お買い求めいただいた。 そこそこの成果を上げることができた。
 次は高知のイベント屋さんS社が、毎年行うゴールデンウイークのイベントに選ばれた。
 4日間、高知の野市動物園で、同様にタコスを販売した。この動物園は全国でも評判で、こどもの日を含む連休には多くの家族連れでにぎわった。入場料もリーズナブルな価格で、高校生以下は無料で、多くの子供たちが来場した。
 色々の特色ある店舗が全部で8社、動物園の入り口の広場に陣取り、客席と舞台が設けられ和やかに、多くの家族ずれの来場者がそれぞれに美味しい食を求め、休日を楽しんでいた。我々のタコスも人気の一つとして販売することができた。
 今後も、更に工夫して、多くの方々と触れ合えるイベントに参加する予定である。

2019年05月08日
» 続きを読む