91、中山間ビジネス(令和元年10月15日)

 高知の住まい(会社の所在地でもある)香美市土佐山田から車で5分程のところに、県立大学である高知工科大学がある。しばしば訪れているが、先日公開講座「地域活性化システム論」が一日開催されるというので、弊社にインターンシップで来られている高知大学農林海洋学部の一年生であるUさんを誘って参加しました。
 テーマは日本の各地、特に中山間地区で、激しく高齢化人口減少が進む中で、地域を活性化する策はないかという内容です。講演者並びにスピーカーとしては、まず政府の取組内容を、内閣府の参事官K氏が講演し、民間の専門家であるS氏が「中山間ビジネスと地方創生」のテーマで、各地の取組状況と具体的な成功事例等参考になる講演で、特に参加している高校生や大学生に向かって、各自の進路に関して、ただ単に企業に就職するだけの目標ではなく、学生の大事な時期に、自分の将来に関して様々な思考の中から、独自性のあるビジネス・プランを生み出す努力をしてほしいという、強いメッセージが届けられた。
 さらに、高知県梼原町松原地区において、「持続可能な中山間地域づくり」に取り組んでいる、四万十森林管理署梼原森林事務所森林官のM氏が、84%が森林で、日本の都道府県の中で、最も森林比率の高い高知県において、どのように持続可能な森林を守るのか、説明がなされた。森林を大切に守り、間伐や的確な植林を継続することで山が健康になり、そのことが河川を通じて、山の豊かな栄養を海に運ぶことにより、沿岸に多くのプランクトンが育ち、それを小魚が餌として育てば、豊かな漁業資源が絶えることなく供給される。気仙沼の美味しいカキが大震災で全滅したときに、流木や流れた筏等を目の前にして、養殖を諦めようとしたが、海中を調べたら、カキが食べきれないほどの餌があることがわかり、従来川上の植林をいとわず続けていたことでその努力が無駄になることなく、海は守られていたことを知り、勇気づけられ、急ピッチで復旧にこぎつけた話を畠山重篤氏は、結びの言葉に「森は海の恋人」といわれた。
 さらに、中山間である、四万十川中流域で、地元の産物を使って、他の地域ではまねのできない栗の加工品や緑茶、香り豊かな米、天然アユ等を、地元の生産者とともに取り組んでいる株式会社四万十ドラマのK事業課長から具体的な取り組みの発表があり。関連して、地元の野菜等の生産者であるお母さん方がチームを作って、それぞれの栽培した野菜等を利用して、株式会社十和おかみさん市を運営し、正に六次産業に取り組んでいる内容が報告された。最後に発表者全員と、高知工科大学の経済マネージメント学部のM講師がファシリテーターでパネル・ディスカッションが活発に進められた。
 中山間でビジネスが数多く取り組まれれば、仕事がなくて都会へ出てしまう若者たちをUターンさせることもできるし、潜在している新たな労働力を活用して、活性化することも可能であると方向付けることができるに違いない。私も最後に少々時間を頂いて、現在取り組んでいる、CCRCの活動、最近はアクティブなシニアだけが対象ではなく、多世代を対象にした、「生涯活躍のまち」への取組に関して、中山間地区の皆様とともに進めたいことと、高知県でも地方創生の活動に一環でシニアの移住定住にも取り組んでいる旨を学生の皆様にも伝えた。

2019年10月15日